RM jazz legacy

  • RM jazz legacy
  • 1.The Spirit 2.African Water 3.Reborn 4.Footprints 5.Turkish Bath 6.Come With Me 7.Night Flight 8.Let's Stay Together

多くの皆様からコメントをいただきました!

オンラインショップで購入

  • amazon.co.jp
  • diskunion

音楽配信で購入

  • iTunes

守家巧

武藤浩司

沼直也

ペペ 福本

坪口"TZBO"昌恭

田中Tak拓也

藤井信雄

山北健一

類家心平

宮嶋洋輔

mabanua

大塚広子

藤原大輔

石若駿

吉岡大輔

Key of life +

close

守家巧

95年頃より関西のクラブシーンにてベーシストとして活動をスタート。2002年に坂田明、翌年に山下洋輔と共演。2004年Hermeto Pascoalの京都公演にて自己バンドで共演。オーセンティックスカバンドのDETERMINATIONSに参加(2003年から解散まで在籍)。 レゲエシンガーのカルカヤマコトをプロデュース。(2002年のデビューから現在までLD&Kよりリリースされた6枚のアルバムにベース/プロデュース/制作で参加。2003年HMVの年間レゲエランキング1位)自ら主催するJazz&Reggae バンドのRUMBA ON THE CORNERやトランペッター近藤等則のバンドへ参加する。


close

武藤浩司

中学よりサックスを始める。
関西大学ジャズ研究会の入部をきっかけにジャズを聴き始め、
大阪の老舗ジャズクラブ「SUB」西山満氏のもとジャズを学び、ライブ活動を始める。
2011年に1stリーダーアルバムをリリース。
現在、ヤマハ音楽教室で講師を務めるかたわら、東京よりドラムの永山洋輔を招き、
自身のバンド 「Muto jazz chamber」を立ち上げ、活動を開始する。


close

沼直也

1971年山口県出身。14歳より独学でドラムを始め、高校卒業後ジャズドラマー・ジョージ大塚氏に師事。その傍ら音楽専門学校に通い、アメリカ留学の後、1998年友人のサックスプレーヤー藤原大輔とストリートバンド「Phat」結成。2002年に東芝EMI blue noteレーベルより メジャーデビュー。二枚のアルバムと一枚のマキシシングルを発表の後解散。その後、ストリートライブをメインに打楽器だけのセッションを行ったり、スタジオワークやライブサポートなど幅広く活動。現在、加藤登紀子のレコーディング・ツアーサポート、 桑山哲也のレコーディング、F.I.B Journal、STOUTのメンバーとして活動中。


close

ペペ 福本

1961年生まれ 三重県出身。81年から独学でパーカッションを始め、フュージョン、ファンク、ジャズ、リンガラ、ポップス等のバンドで活動中の85年にサルサと出会い、バンドを結成。89年にグルーポ・チェベレに改名し、91年には本場キューバにて公演。95年の1st.アルバムから現在まで6枚のアルバムをリリース。93年から18年間、タンボール(バタドラム)とルンバのバンドに在籍し、後進の指導と共に今尚研究中である。


close

坪口"TZBO"昌恭

1964年12月3日福井県生まれ、大阪育ち。1987年に上京。ジャズとエレクトロニクス、牧歌性と都会性、アバンギャルドとオーソドックス、冷静かつ大胆といった相反する要素を兼ね備え、希有のバランス(アンビバレンス)感覚を持ち味として、様々なライブやレコーディングに携わっている。エレクトロ・ジャズ・ユニット『東京ザヴィヌルバッハ』(1999年~)ワークショップ『TZBOLABO』(2014年~)主宰、『DCPRG』『菊地成孔DubSeptet』のメンバーとしても活躍中。音楽誌での連載や執筆多数。尚美学園大学/同大学院 Jazz分野 准教授。


close

田中Tak拓也

東京生まれ。98年渡米Tyrese, Stevie Wonder, Patty Austin等と共演。2009年帰国後R&Bとロックフレーバーを併せ持つスタイルで各方面から高い評価を受ける。2014年よりAAAのメンバーであるラッパーSKY-HIのバンド音楽監督を務め、同年三代目J soul brothersのライブサポート、SKI-HI Zeppツアーを成功させる。2015年矢沢永吉、高岡早紀、さかいゆう、山下洋輔、中田裕二等のレコーディング/ツアーサポートや同年10月ニューオリンズから来日したBoukou grooveのギタリストBig DのBlue note公演の代打を務めピーター・バラカン氏に絶賛される。Za Feedo、RS5pbのメンバーとしても活動。


close

藤井信雄

1952年 北海道出身。
坂田明 橋本一子 林栄一 菊地成孔 らのバンドを経歴。
最近は2000年より活動しているGiulietta Machine。
石田幹雄(P)安東昇(B)とのトリオ オリジナルJAZZ。セッション型ライブ 他。


close

山北健一

1968年生まれ。86年、川瀬ドラムスクールに入門。88年、単身ニューヨークに渡りラテン音 楽のルーツやリズムについて学ぶ。90年頃より精力的にバンドやセッションに参加しパー カッショニストとしてのキャリアをスタートさせる。共演者は日野皓正、NORA、山下洋輔、 坂田明、OBATALA、角松敏生、菊地成孔、川嶋哲郎、朝崎郁恵、Asa-Festoon、cocco、ヨシダダ イキチ、ボアダムス、サイコババ 、他多数。98年よりソロライブ開始。2001~2014年までに5 枚のアルバムをリリース。


close

類家心平

1976年青森県生まれ。高校卒業後海上自衛隊音楽隊でトランペットを担当。退官後に上京し高瀬龍一氏にジャズトランペットを師事。2004年SONYJAZZからジャムバンドグループ「urb」でデビューする。その他「菊地成孔ダブセクステット」や「dCprG」に参加しフジロックフェスティバル等の出演で注目を集める。自身の名義では「RS5pb」でアルバムをリリース、2016年にニューアルバムをリリース予定。ピアニスト中嶋錠二とのデュオのアルバムも2014年にリリース。山下洋輔や板橋文夫のバンド等でも活動中。またジャズを題材にしたアニメ「坂道のアポロン」ではトランペットの吹き替えを担当する。


close

宮嶋洋輔

GIT MASTERS、浅草ジャズコンテストなど様々なコンテストでグランプリを獲得し、
独自のフィンガーピッキングスタイル、スケール奏法を持つギタリスト。
東京ザヴィヌルバッハや菊地成孔ソロのギタリストとしても活動している。 出版しているソロギター、ソロウクレレの曲集では音楽理論にとらわれない
アレンジ力も高く評価されている。現在独自のソロギタースタイルを追求している。


close

mabanua

ドラマー/ビートメーカー/シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。全ての楽器を自ら演奏し、それらの音をドラマーならではのフィジカルなビートセンスでサンプリングし再構築、HIP HOPのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。ジュラシック5のAKIL THE MC、アレステッド・デベロップメントのEshe、Kev Brownらも共感、彼らと交友を深めコラボした1stアルバム『done already』はヨーロッパ全域のiTunes HIP HOPのトップページでPICK UPされ、英BBCラジオでO.A.されるなど各国で話題に。2014年には、Madlib、Toro Y Moiら海外アーティストとライブでの競演を果たす。


close

大塚広子

ワン&オンリーな"JAZZのGROOVE"を起こすDJ。2004年以降、"徹底したレコードの音源追求"と"繊細かつ大胆なプレイ"で全国的な現場の支持を得て、NEWYORK、SPAIN でのDJ招聘、2度のFUJI ROCK FESTIVAL出演他、東京JAZZやBLUE NOTE TOKYO、Billboard LIVEなどミュージシャンとのDJ共演も多数。自ら行うジャズ喫茶、老舗ライブハウスでのDJプロデュースや執筆活動等、クラブカルチャーとジャズの垣根を越えた柔軟なセンスで様々な音楽の楽しみ方を提示している。


close

藤原大輔

バークリー音楽大学卒。リディアン・クロマチック・コンセプト・インストラクター。
97年に「phat」を結成し2枚のアルバムをblue noteレーベルよりリリース。
現在は井野信義と外山明とのトリオを中心に、
市野元彦の「rabbitoo」、芳垣安洋の「Orquesta Libre」などで活動中。


close

石若駿

1992年生まれ、札幌出身。9歳で来日中のハービー・ハンコックに見出され、15歳で日野皓正(tp)バンドに抜擢。東京藝術大学付属高校を経て同大学打楽器科へ進学。
在学中よりファーストコール・ドラマーとして数々のレコーディング、ライブに参加。アニメ「坂道のアポロン」では主人公・千太郎のドラムモーションと演奏を担当。2015年東京ジャズにて、沖野修也率いるKyoto Jazz Sextetでリチャード・スペイヴン(ds)と披露したツイン・ドラム・ソロがTVでOAされ話題となる。ジャズ演奏の傍ら藝大打楽器科を首席で卒業。ジャズ界&打楽器界の誰しもがその後の動向に注目する中2015年12月初のフル・リーダー作を発表。


close

吉岡大輔

1975年生まれ、広島市出身、14歳でドラムを初め,18歳で上京。2003年、チョン・ミョンフン指揮、東京フィルハーモニー交響楽団の公演(2003)に参加。2008年より法政大学経営学部非常勤講師を務める。著作は教則DVD『ジャズドラム自由自在』(アトスインターショナル)など。現在は自己のバンド Funky Expressを中心に類家心平5Piece Band,金子雄太Aquapit,等で活動中。また、由紀さおりコンサートサポートとして、全国ツアー(2012~2014)、TV各種メディア(TBS『うたばん』、『音楽の日』等)で活動。Jazzを中心に、Pops、R&B、Latin音楽などジャンルの枠を超えた活動を展開中。